ボルダリング2級の壁を打破するために知ってほしい3つのこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3級のルートをコンスタントに登れるようになったそこのあなた!

ボルダリングに必要なムーブ(正対、振り、ヒールフック、デッド・・・など)は一通り経験し、指の力もついてきた頃でしょう。

しかし、いざ2級のルートに挑戦してみると・・・

2級の壁がとてつもなく分厚いことを思い知らされたのではないでしょうか?

ロビン
ロビン

私はこの壁を打ち破るのに相当苦労しました・・・

そこで、ボルダリング歴8年、ボルダリングジムのスタッフ経験もある私が、
2級チャレンジャーの方にぜひ押さえて頂きたいポイントを解説していきます。

2級ルートに跳ね返されて打ちひしがれている方、
これから二級ルートへのチャレンジを考えている方には特に参考になる情報かと思いますので、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

2級のレベルってどれくらい?

ボルダリング上級者の定義はあいまいな部分がありますが、一般的に外岩で初段のルートを登れれば上級者と呼ばれます。

ロビン
ロビン

外岩についてはまた別の記事で詳細に書きたいと思います。

そして一概には言えないですが、ジムの二級が登れたら外岩の初段ルートを登れるくらいの実力がつきます。

つまり、ジムの二級が登れれば晴れて上級者の仲間入りと言ってもよいレベル感です。

登る姿は、初心者の方から見ればカッコよく見えること間違いなし!!

ムーブの精度や強度を上げよう

3級をコンスタントに登れる方ならすでに一通りのムーブを経験したかと思います。

2級を登るためには、そのムーブ1つ1つの精度や強度がより求められます。

ムーブの精度や強度ってどいういうこと?

例えば、「デッド」の動きなんかは分かりやすいです。

二級は小さいホールドから、小さいホールドへ「デッド」する状況が多くありますが、

勢いまかせでいっても、距離が足りなかったり、逆に距離が出すぎてホールドを捉えられないことになります。

このため、身体の引き寄せを確実に行うための筋力、次のホールドちょうどの距離を出すための精度が求められます。

下半身デッドと上半身デッドを使い分けられてますか?

「下半身デッド」と「上半身デッド」は私の知り合いが考えた造語なのですが、デッドを下半身と上半身に区別して考える理論です。

下半身デッドは、ガバカチなどの比較的持ちやすいホールドから大きく距離を出したい時

上半身デッドは、細かく持ちづらいホールドでムーブを起こしづらい状態から少し距離を出したい時

にそれぞれ意識して行います。

また、下半身デッドは重心を下げた状態からおこなう。上半身デッドは重心を上げた状態からおこなうという違いがあります。

下半身デッドのコツ

下半身デッドのイメージとして、「ランジ」の足が切れないバージョンと捉えて頂ければよいです。

下半身デッドは以下の3つの動きに分解できます。

下半身デッドの動きの流れ
  1. 重心を下げる
    距離を出すために、腰の位置を落とします。落とし過ぎは良くありません。
  2. 立ち上がりつつ身体を壁に引き寄せる
    上方向の力は足のみで生み出します。腕は身体を壁に引き寄せるためだけに使います。
  3. ホールドを取りにいきつつ残した方の手でホールドをプッシュする
    最後、ダメ押しで残した方の手の指先でホールドをプッシュして距離を稼ぎます。

上半身デッドのコツ

二級では多くの課題の核心部分で上半身デッドを使います。

上半身デッドは3つの動きに分解できます。

上半身デッドの動きの流れ
  1. 身体を引き上げる
    上半身を使ってなるべく身体を引き上げます。脇を閉め肩をさげるよう意識しましょう。
  2. 上半身を壁から離す
    ホールドが持ちづらいため、少しの距離で良いので壁から上半身を離します。
  3. ホールドを取りにいく
    上方向の力は足のみで生み出します。腕は身体を壁に引き寄せるためだけに使います。

呼吸しっかりしてますか?

登っている時に呼吸を意識したことあるでしょうか?

自分の限界ギリギリのグレードをやっている時、集中しすぎて呼吸を忘れゴールしてからゼェハァするなんて経験ありますよね。

しかし、ギリギリのグレードをやる時こそ呼吸を意識する必要があります。

なぜなら、息を吐いている間は身体が緩み距離を出しやすくなるからです。

ジムでも高難度のルートにトライしている方で、核心部分で声を上げてる人いますよね。

ロビン
ロビン

ジムであまり大声をあげるのは、初心者が引いてしまうので止めてほしいですが・・・

あれは、意識的に声を出せばその間は息を吐けるため、経験的に呼吸の重要性を理解されているんだと思います。

2級のホールドがどうしても持てない?

2級ルートからホールドが極端に持ちづらくなって、ムーブを起こす前に落ちてしまうことも多くあると思います。

俗に言う保持力が足りないといういうやつですね・・・

ロビン
ロビン

ボルダリングはホールドを持ててしまえば勝ちみたいな部分もあるので、それだけ保持力は重要な要素です。

よく保持力アップのために、キャンパスボードでトレーニングする方がいますが、
指を壊してしまう可能性が高いので現段階ではおススメしません。


※すでに二級以上登れて指が出来上がっているクライマーにとっては有効なトレーニング方法だと思います

オープンハンドで持ってますか?

どうやって保持力を強化すればいいの?

保持力を強化したい方へは、簡単なルートを「オープンハンド持ち」で登る練習をオススメします。

ご存じの方もいるかもしれませんが、ホールドの主な持ち方として「カチ持ち」と「オープンハンド持ち」があります。

「カチ持ち」は、第二関節を曲げてホールドを握るように持りますが、

「オープンハンド持ち」はその名の通り、手のひらをオープンにして人差し指・中指・薬指の指先(第一~第二関節)を引っ掛けて持ちます。
※親指を掌の中に入れるとよりしっかり持てます

カチ持ちは、前腕の筋肉が主に動員されますが、オープンハンドは背筋も動員することができます。

ロビン
ロビン

ボルダリングはいかに大きな筋肉を使って、腕の力を分散させられるかがポイントです。

慣れるまで「オープンハンド持ちは」逆に疲れると感じる方もいるでしょうが、この持ち方に慣れてくれば、

細かいホールドも背筋の力を活用して持てるようになる = 保持力UPに繋がる

という効果が期待できます。

オープンハンド持ちは、指にも優しいのでケガのリスクも下がり、一石二鳥ですね。

ロビン
ロビン

最初はアップで簡単なルートをやる時にオープンハンドを意識して登るのがオススメです

まとめ

今回はボルダリングを始めた人の多くがぶつかる、2級の壁をいかに乗り越えるかについて、いくつかのポイントに絞り解説してきました。

内容を整理すると以下の通りとなります。

2級の壁を超えるために必要なこと
  • 下半身デッドと上半身デッドを使いこなす
  • 厳しい時こそ呼吸を意識
  • 保持力UPのためオープンハンドの練習

ボルダリングの魅力をより多くの方に知ってもらうため、今後も初級者・中級者に向けて参考となる情報を発信していきたいと思います。

コメント