【実体験】無職期間が半年続くとメンタルはこう変化する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無職の期間が長びくにつれて精神的に病む確率は増加します。

無職期間は単純に人と接する機会が減り、社会からはじき出されたような孤独感を覚えるからです。

(自慢できるものではないですが)累計無職期間1年を超える私が、
無職期間に対するメンタルの変化について実体験をもとにご紹介します。

ロビン
ロビン

今無職で精神的に病んでいる方、これから無職になる予定の方は参考にしてください

スポンサーリンク

無職期間のメンタル健康度の変化

無職期間とメンタル健康度の関係

自分の経験をもとに、退職直後から無職6か月までのメンタル健康度の変化をグラフにしてみました。

メンタル健康度

どれだけ現状の生活に満足しているか割合で示したもの。QOL(クオリティ・オブ・ライフ)ともいえる。
Max 100% は毎日が楽しくイキイキしている状態
Min 0%は 人生に悲観し何もやる気が起きない状態

退職を検討する方は、出産や病気などやむを得ない場合を除いて、
何かしら今の仕事に不満がある方が多いと思うので、退職時のメンタル健康度を50%としました。

私の実体験では、無職期間とメンタル健康度は以下のようになりました。

無職期間とメンタル健康度

1か月目:100%
2か月目:80%
3か月目:50%
4か月目:30%
5か月目:20%
6か月目:20%

なぜこのような結果となったのか、具体的に見ていきたいと思います。

退職直後から無職1か月目

仕事のストレスから解放され、退職直後から一気にメンタル健康度100%に達します。

平日は朝早起きしなくていいし、夜は好きな時間まで夜更かしできます。
睡眠時間がしっかりとれるようになるので、疲労も回復し生活に活力が出ます。

さらに、時間に余裕が生まれ好きなことに没頭できます。

ロビン
ロビン

私の場合は、Netflixやゲームに没頭してました。朝から晩まで没頭することもしばしば・・・

このように、とにかく毎日やりたいこと・好きなことだけをやって楽しく過ごすことが出来るのが無職1か月目です。

無職2か月目のメンタル健康度

1か月目に一通り趣味や遊びに時間を使うと、だんだん時間を持て余すようになってきます。

そして、銀行の貯金残高に意識が向き始めるのもこの時期です。今後の経済的な不安から、メンタル健康度は80%に低下します。

そして残念ながらそこからメンタル健康度が上昇することはありません・・・

2か月目なると暇な時間ができるので、お小遣い稼ぎとして何かできないか探し始めます。

ロビン
ロビン

私の場合はお小遣い稼ぎの手段として「ブログ」を始めました。

ブログの開設から初期に関しては、様々なノウハウを勉強しなくてはいけません。

おすすめはこの時期の試行錯誤をブログの記事として残すことです。

記事としてまとめることで情報が整理され知識として定着しやすくなります。
また、ブログ開設初期は分からないことだらけで多くの人がつまずくので、そういう方向けの情報源として有益だからです。

無職3か月目のメンタル健康度

2か月目は、ブログだったり、何か小遣い稼ぎになるものを始め、それに注力することで無職の不安(社会からの疎外感や経済的不安)は多少和らいでいます。

3か月目は2か月目に始めた何かしらのアクションから1か月経過した状態ですが、
ここで現実を突きつけられます。

つまりは、小銭程度も稼げないという経済的不安や、自分だけ社会から切り離された様な疎外感が押し寄せてきます。

例えば、ブログの場合、ブログ開設初月のアクセスはほとんどありません。

客観的になって考えると、たった1か月で成果が出る訳もないのに、
実際アクセスがほとんどないと経済的不安は加速します・・・

また、友人や家族と連絡をとるにしても、当たり前ですが日中は自分以外は働いており、連絡のタイミングが合いません。
このような状態が3か月も続くと強い孤独を感じていきます・・・

このようにして、だんだんと自分の置かれている「ヤバさ」に気づくのが3か月目です。
メンタル健康度は退職時と同じ50%まで低下します。

その後、メンタル健康度は4か月目30%、5か月目20%とだんだん低下します。

そして面白いことに6か月目からは開き直りの境地に達し、そこからはずっと一定です。

無職の時にブログを書くメリット

無職の期間は、経済的不安や孤独感など、自分の中に様々なことを貯めこみがちです。

私の場合は、ブログを書くことでそうした無職のストレスを発散していました。

それ以外にも無職であるからこそブログを書くメリットとして以下があります。

無職の時にブログを書くメリット

①ブログ記事を書くことによる達成感を味わえる
②「無職期間」をブログ記事のコンテンツにできる
③気持ちの整理やストレス発散が出来る
④これまでの人生経験の棚卸ができる

⑤将来の収入源を育てることができる

それぞれについて具体的にはまた別記事で紹介していきたいと思います。

まとめ

今回は触れませんでしたが、無職期間に転職活動を行う人が大半だと思います。

ただでさえ、精神的に病みやすい中、転職活動を進めるのは大変ですが、
転職エージェントを利用すると効率よく転職を進めることができます。

コメント