BASEで出品した小物を宣伝するのに動画がおすすめな理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットショップBASEにて小物・雑貨を販売する「LIFE SHIFT ART」を開店しました。

主要商品は、「コンパクトで付け外し簡単なウォールシェルフ」です。

この商品の宣伝手段として、文章や写真よりも動画の方が訴求力があると考え、

動画作成経験のない完全素人の私ですが、商品のPV撮影、動画の編集、YouTubeへの投稿に挑戦することにしました。

この記事では、なぜ「コンパクトで付け外し簡単なウォールシェルフ」の宣伝手段として動画を選んだのか?

また動画のコンセプトや具体的な映像構成について紹介したいと思います。

これから、自身の商品を宣伝していきたいと思われる方に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

なぜ宣伝手段として動画を選んだのか?

販売商品に「コンパクトで付け外し簡単なウォールシェルフ」を選んだ理由については、別の記事で紹介したいと思います。

なぜ、宣伝手段として動画を選んだのか?ですが、

壁掛け棚があることによって得られる体験を販売したいと思ったからです。

このため、商品そのものに価値を置くなら外観が伝わる写真で良いと思いますが、ここで言う体験を伝えるには動画の方が適していると考えました。

動画のコンセプト

「コンパクトで付け外し簡単」ゆえの実用性を押し出し、これがあることで生活にどのようなメリットがあるかを感じてもらえるようにします。

また、より親しみを感じてもらうため、リモートワークや感染症対策など、今の情勢に合わせたテーマを取り入れることとします。

しかし、ただ壁掛け棚がある生活の一部を切り取るだけでは面白みがないと思ったので、

壁掛け棚がない生活と壁掛け棚がある生活の対比をユーモア風に表現したいと思います。

ここからは、興味のある方だけご覧頂ければと思います。

映像の構成 【壁掛け棚がある世界(リモートワーク編)】

シーン1 午前7時(起床)

アナログ時計が午前7時を指す

棚がない世界
携帯のアラームが鳴る・・・
ベッドで寝ていた男は目を覚まし、寝ぼけた様子で枕元をさぐるがスマホが見つからない。
(スマホは男が寝ている間に床に落ちていた)
男はなんとか手を伸ばし床のスマホを拾うと、
アラームを停止させ、再び眠りについた。

(壁掛け棚の設置シーンが流れる)
枕元の棚の設置後に、スマホを棚の上に置く。

smartphone on the shelf

棚がある世界
携帯のアラームが鳴る・・・
ベットで寝ていた男は目を覚まし、すばやく棚の上に置かれたスマホを手に取ると、
アラームを停止させ、被っていた布団を勢いよくめくりあげた。

シーン2 午前10時(仕事中)

アナログ時計が午前10時を指す

棚がない世界
男は家のデスクに座り、何やらパソコンでのんびり作業をしている。
(Wordか何かにLIFE SHIFT ARTをゆっくり手打ち)
寝ぼけている男はうとうとしながらヘドバンしている。
その弾みで、デスクの上にあったコーヒーの入ったマグカップに腕があたってしまった。
(マグカップが倒れ中身が流れでた様子の静止画)

(壁掛け棚の設置シーンが流れる)
デスク上の棚の設置後に、マグカップを棚の上に置く。

mug on the shelf

棚がある世界
男は家のデスクに座り、パソコンであわただしく作業をしている。
(Wordか何かにLIFE SHIFT ARTを素早く打ち、ひたすらコピペ)
男は作業の手を止め、ふっと肩をおろし、棚の上のマグカップを手に取る。
すこし飲み、ふっと息をつくと、マグカップを棚の上に戻し再び作業に戻った。

シーン3 午後12時半(昼休み)

アナログ時計が午後12時半を指す。

棚がない世界
男がソファでゲームをしている
(ゲーム下手のように上半身全体が動いている)
すると玄関のチャイムがなる。
慌てて印鑑を探しているようだが、どこにも見当たらない。
男は玄関へいき、配達員が待つドアを開けると、
頭の後ろをかきながら軽く頭を下げた。

(壁掛け棚の設置シーンが流れる)
玄関先の棚の設置後に、小物入れを棚の上に置き、その中に印鑑を置く。

seal on the shelf

棚がある世界
男がソファでゲームをしている
(ゲーマーのように高速で指だけが動く)
すると玄関のチャイムがなる。
男は優雅に立ちあがり棚の上から印鑑をとる。
男は玄関へいき、配達員が待つドアを開けると、
当たり前のようにハンコを押した。

シーン4 午後18時(買い出しからの帰宅)

アナログ時計が午後18時を指す。

棚がない世界
男は買い出しから帰ってくる。
ドアの鍵を閉めようと鍵に触れた瞬間に不正解のブザーが鳴る。
洗面台で手を洗おうと蛇口に触れた瞬間に不正解のブザーが鳴る。

(壁掛け棚の設置シーンが流れる)
玄関先の棚の設置後に、アルコール消毒液を棚の上に置く。

alcohol on the shelf

棚がある世界
男は買い出しから帰ってくる。
すると即座に棚の上のアルコールで手を消毒する。
ドアの鍵を閉めようと鍵に触れた瞬間に正解の音が鳴る。
洗面台で手を洗おうと蛇口に触れた瞬間に正解の音が鳴る。

シーン5 午後22時(就寝前)

アナログ時計が午後22時を指す。

棚がない世界
男は寝転がりながら、スマホを上にかざすように持ち「呪術廻戦」を見ている。
しかし腕が疲れたような仕草をして、見るのを辞め、眠りについた。

(壁掛け棚の設置シーンが流れる。最後は棚を二つ設置。)
枕元に設置した2つの棚の上にスマホの両端を支えるような形でスマホを下向きに置く
(画面は下から見れるように)

棚がある場合
男は寝転がりながら、手ぶらで快適に「呪術廻戦」を見ている。
十分満足したのか、見るのを辞め、眠りについた。

まとめ

今回は私がBASEに出品している商品の宣伝手段として、動画を選んだ理由と動画のコンセプトについてご紹介しました。

イメージ通りに仕上がるかは、実際やってみないと分かりませんが、撮影を進めていく中で色々勉強できれば良いかなと思っています。

追記

こちらが作成した動画になります。

ウォールシェルフがある生活(リモートワーク編)

コメント