メルカリ・ミンネ・クリーマ・iichi・BASEの売れやすさ比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハンドメイドの販売サイト沢山あるけど、どれが売れやすいの?

こんな疑問を持つ方多いと思います。

私はハンドメイド作品の出品初心者ですが、ネットで調べると多くの販売サイトがあり、どれを使えばよいのか大変迷いました。

最終的に「大手のサイト全部試してみよう」と思い複数の販売サイトで同時出品することにしました。

今回は私が実際に利用した下記5つの大手販売サイトで同時出品した結果と分析をお伝えしたいと思います。

同時出品した販売サイト

①メルカリ(mercari)
②ミンネ(minne)
③クリーマ(Creema)
④iichi
⑤BASE

ロビン
ロビン

これからハンドメイド作品の出品を考えている方、
すでに上記サイトのどれかを利用中で他サイトでも販売を考えている方
の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

はじめに

各サイトの特徴や手数料の違いなどは、すでに他の方が整理された記事があるので、今回は割愛したいと思います。

ロビン
ロビン

ちなみに、私はハンドメイド作家歴3か月の新米作家です。
(コネや特殊スキルもございません。)

今回比較対象とした商品はこちらの「ウォールシェルフ」です。
価格は送料込みで1000円

ウォールシェルフ

各サイトの公平性を期すため、販売条件は下の通り統一しました。
手数料は各サイトで異なるため、手数料分を加味(利益が一定となるよう)して多少価格設定は変更しました。

また、各サイトの比較項目は下の通りとしました。

統一した販売条件

・作品、作品名
・作品画像
・商品説明文
・価格設定(手数料の違いは加味)

販売期間は1か月(2021/3/1~31)

比較項目

・販売数
・お気に入り・いいね数
・商品閲覧数

販売数・お気に入り数・商品閲覧数の比較

1か月間の販売数、お気に入り・いいね数、商品閲覧数を各サイトで比較してみたいと思います。

販売数の比較

販売数の比較

メルカリ(mercari):3点
ミンネ(minne):1
クリーマ(Creema):0
iichi:0
BASE:0点

販売数はメルカリが最も多く、次にminne(ミンネ)という結果
クリーマ、iichi、BASEの販売はゼロでした。

ロビン
ロビン

メルカリはフリマの印象が強いですが、最近はハンドメイド作品の出品も増えているそうです。

お気に入り・いいね数の比較

お気に入り・いいね数の比較

メルカリ(mercari):10回
ミンネ(minne):13
クリーマ(Creema):6
iichi:1
BASE:0回

お気に入り数はminne(ミンネ)が最も多く、クリーマ、メルカリ、iichiがそれに続きました。
BASEのお気に入り数はゼロでした。

ロビン
ロビン

ミンネはハンドメイド作品好きの方が多く集まるため、購入の意思はなくても興味を持った作品には気軽に「お気に入り」をするのかなという印象です。

実際お気に入りして頂いた方のプロフィールを見ると、競合製品にも数多くお気に入りしていました。

商品閲覧数の比較

商品閲覧数の比較

メルカリ(mercari):110回
ミンネ(minne):64回
クリーマ(Creema):48回
iichi:14回
BASE:0回

商品閲覧数はメルカリが圧倒的でminne(ミンネ)、クリーマ、iichiがそれに続きました。
BASEの商品閲覧数はゼロでした。

ロビン
ロビン

BASEの商品閲覧数はゼロでそもそも見られていないのが分かります。

コンバージョン率で比較

ECサイトで、ショップの効率を計るために用いられる指標にコンバージョン率(CVR)があります。

コンバージョン率(CVR)

ある商品を実際に購入したユーザーの数をその商品の紹介ページを見たユーザーの数で割った値。CVRが高いほど収益性の高いショップであると言える。
CVR=購入者数/商品閲覧数

販売実績があったメルカリ・minne(ミンネ)でそれぞれのコンバージョン率を計算してみました。
※メルカリの販売数は3点ですが(購入者1名が1点+購入者1名が2点)のため購入者数は計2名で計算

結果は
メルカリ(mercari):CVR 1.8%
ミンネ(minne):CVR
1.6%

商品ジャンルや価格帯によりコンバージョン率は異なると思うので、あくまで参考ですが、
ミンネよりメルカリの方が0.2%コンバージョン率が高い結果となりました。

0.2%の差を大きくみるか誤差とみるかはあると思いますが、
今回は参考データの数が少ないというのもあり、
ショップの効率的にはメルカリとminne(ミンネ)は同程度ということにしたいと思います。

集計期間外ですが・・・

ちなみに余談ですが、集計期間(2021/3/1~31)の次の日4/1にクリーマで3点(購入者は1名)注文頂くことができました。

仮にこの結果でクリーマのコンバージョン率を計算してみると
クリーマ(Creema):CVR 2.0% という結果になりました。

BASEとiichiで売るには?

BASEは集客が難しいと言われています。

ロビン
ロビン

私もBASEの集客に大変苦労させられています

集客の方法としてBASE公式は、インスタでの集客Mag.記事を書くことを推奨しています。
BASEでの奮闘はこちらの記事からご確認いただけます。

iichiに関しては、ハンドメイドと言えどもプロ級の質の高い商品が多く売られています。
成約時の手数料も他サイトが7~10%なのに対して、iichiは20%と高額です。

ロビン
ロビン

販売数ゼロという結果から見ても、ハンドメイド初心者には少し敷居が高い市場かなという印象です

iichi攻略のポイントは「ショップの更新」!?

集計期間中にショップ自体のアクセス数の計測もしていたら、面白いデータがとれました。

こちらのグラフは集計期間(2021/3/1~31)のミンネとiichiの日別のショップアクセス数です。

minne ショップアクセス数
iichi ショップアクセス数

3月17~29日の期間に注目して2つのグラフを見比べてみてください。

じつはこの期間、どちらのサイトでも新商品の登録や価格の再設定などを行わなかった期間
つまり、「ショップの更新をしていなかった期間」です。

minne(ミンネ)では一定のアクセスがあるものの、iichiのアクセスは皆無です。

この結果から、iichiでショップのアクセス数を伸ばす(=商品が売れやすくなる)には、ショップのこまめな更新が必要と言えそうです。

まとめ

1か月間の集計を基にハンドメイドの大手販売サイトである、メルカリ、ミンネ、クリーマ、iichi、BASEの売れやすさの比較を行いました。

今後も引き続き各サイトで販売を続けていき、面白いデータが取れたらこのブログで紹介していきたいと思います。

コメント