転職活動の状況報告(2ヶ月目)

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)

これまでの活動状況

5月中旬から転職活動を始めて早2ヶ月。

正直上手くいっているとは言いがたい状況です。

書類選考の段階で落とされ、なかなか面接の機会をもらえません。

書類で落とされる理由で最も多いのが、「企業が求めるスキルと自身のスキルに若干の相違がある」というもの。

確かに前職とは違う業界を中心に受けているので、即戦力としては難しいだろうという理由で落とされているのでしょう。

年齢もまだ若いので、ある程度ポテンシャルを見込んで採用してくれるだろうと踏んでいました。転職市場も売り手市場らしいし。

ですが、実際のところ特に大手は人気も高いため、単に自分より求人に合致した人材が応募しているということだと思います。

チャンスを掴むか?勝負に出るか?

転職サイトによるとブランク期間には、3ヶ月・6ヶ月・9ヶ月という区切りがあるらしいです。(本当かは疑わしいですが)

3ヶ月・6ヶ月と期間が空くほど転職が難しくなっていくようです。理由としては、「就職先が決まらない残念な人」というレッテルが貼られるため。

現在4ヶ月目突入と言うことで、焦る気持ちはあります。既に内定が決まっている企業に決めてしまえば精神的に楽になれます。

ただ、誰もが名前を知っているような大手は新卒採用が落ち着いた7月から中途採用に力を入れ始めるようで、これからが本番という空気感もある。

恐らく人材の異動が発生する10/1での入社を目指し、手続き期間を考え、お盆までには内定が出るスケジュール感です。

もしこれから本格的に選考が始まる企業に挑戦するなら、今内定を頂いている企業には辞退の連絡をしなくてはなりません。

通常は返事はそれほど待ってくれないようです。1週間が目安?

今あるチャンスを掴むか?焦らず待って勝負に出るか?

決断しなくてはいけない日が近づいている。

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする