転職活動が終了!振り返ってみて、成功か?失敗か?人生観を悟る

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)

長引いた転職活動がようやく終了

転職活動を通して感じたこと

率直な感想としては「転職活動は難しい. . .」です。

「ポテンシャル」を重視する新卒採用と違い、中途採用では何より「スキル」が重視されることが痛いほど良く分かりました。

未知の業界(IT系など)で未経験者歓迎となっている求人も、大学時代にその分野を専攻していないと厳しかったり、

少しは関連性のある業界も、ピンポイントで特定のスキルや経験を求め、勤続年数○○年以上という条件が設けられていたりします。

何より難しいと感じたのが「エージェントの活用」についてです。

エージェントの活用について

大手人材紹介会社が提供している「エージェントサービス」は、転職者の多くが利用すると思います。

エージェントとは簡単に言うと、転職者と企業間の仲介をする人たちのことです。

忙しい社会人の代わりに、求人の紹介や面接日程の調整、給与交渉などを行ってくれるため、上手に使うことでスムーズに転職活動を進めることが出来ます。

あたり・はずれがある?

よく世間では、エージェントによって「あたりはずれがある」と言われ、

思い切って担当換えを行ったり、複数の人材紹介会社のエージェントサービスを活用しながら優秀なエージェントに出会うことが成功への近道とされています。

ただ実際のところ、転職初心者としてはエージェントの見極めが難しく、企業からの心象(エージェントを経由して伝わる?)なども気にしてしまい、担当者の変更は難しいと感じました。

また、複数のエージェントサービスを使うにしても、違うエージェントから同様の求人に応募しないよう管理する手間が生じるため、メインのエージェントを活用しがちになり、優秀なエージェントを見つけることは容易くありません。

担当エージェントについて

実際に私がメインで活用していたエージェントも以下のような点があり、「担当変えてもらった方がいいのかな」と思うことがしばしば. . .

  • 職務経歴書をきちんとチェックしてくれていない(途中で日本語の表現がおかしい点に気づき自身で修正)
  • 企業へ送付する推薦文に記載された専門的スキルの誤記(自身で気づき修正を依頼)
  • 採用されやすい企業(中小企業)の求人ばかりを紹介してくる(自身で求人票を探し応募)
  • こちらがお願いするまで給与交渉を話題にすら持ち出してくれない(結局企業の提示額をのむことに)
  • 相談ごとなど長電話になることが予想される話題の時にも、電話をかけ直してくれない(電話料金やばい…)
  • 私と同年代の息子がいる話を繰り出してくる。(親身になって考えてる感を前面に押し出してくる。てか電話料金…)

最後の方はネタと化していますが、次転職活動をするときはしっかりとエージェントを見極めたいと思います。

働き方の価値観が整理された

転職活動を通して様々な企業とそこで働く人の声を見たり聞いたりして、どんな働き方がしたいのか見えてきた気がします。

薄給でも夢を追いかけて、起業やベンチャー企業でハードワークするか、ある程度の給料で組織の歯車の中でプライベートも大事にしながら働くか

私は後者の方が自分に合っていると感じました。

「本当にやりたいこと」について

また半年近くの自由時間を経て、好きなことを好きなだけやりながら、本当にやりたいことを模索し続けた結果、

「本当にやりたいことは見つからない」という結論に達しました。

大多数の人がこれに当てはまり、皆モヤモヤを抱えたまま生きていると思います。

それならいっそのこと、現状を受け入れるのが一番幸せになれる方法ではないかと考えます。

「日々のちょっとしたことを幸せに感じながら生きていればそれでいいじゃん」

いい意味でこのように諦められたことがこの半年間の収穫であり、一度社会から離脱してみないと分からなかったことだと思います。

次の職場は少なくとも3年は頑張りたいですね。笑

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする