仮想通貨を支えるブロックチェーンの仕組みと導入のメリット

ドル札とビットコイン

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)

「ビットコイン」に代表される仮想通貨

最近ニュースで取り上げられることの多くなった、「ビットコイン」に代表される仮想通貨。

その価格変動の大きさから投資対象として見られがちですが、

本質は私たちの生活をより良くしてくれるものであることが分かりました。

仮想通貨とは?

そもそも、仮想通貨はデジタル通貨の一種で、管理会社や中央銀行などが存在しないという特徴があります。

そして、その非中央集権型の仕組みを実現するのが、「ブロックチェーン」と呼ばれる革新的な技術です。

ブロックチェーンとは?

「ブロックチェーン」は、分散型台帳技術とも呼ばれます。

その名の通り、仮想通貨が生まれてから現在までの全ての取引の記録が、

世界中に約一万台ある「ノード」と呼ばれるコンピューターにそれぞれ保存されるため、不正に改ざんできない仕組みになっています。

このため、取引を管理する存在がいなくても正常にシステムが回っていきます。

因みに「ノード」をネットに繋げる作業はボランティアが行っているそうです。

仮想通貨(ブロックチェーン)のメリット

送金コストが低い

仮想通貨を送金する際、仲介がないため利用者同士で相互に直接送金が可能です。

つまり高い仲介手数料を払わなくて良いので、送金コストが低くなるというメリットがあります。

ただ手数料0という訳ではなく、取引所で多少手数料が引かれるようです。

この手数料で取引所は莫大な利益を得ていると考えられます。

世界中から資金調達を行いやすい

特に仮想通貨で海外とやりとりする場合、これまでの高額な手数料がなくなるため、大きなアドバンテージとなります。

従来の日本のスタートアップの資金調達は、国内の投資家やベンチャーキャピタルが中心でしたが、

今後は仮想通貨で資金調達を行うことで、海外からお金を集めやすくなると考えられます。

盗まれる心配がない(ウォレット利用)

仮想通貨は「ウォレット」というお財布アプリに保管するのが一般的とされています。

しっかりパスワードを管理しておけば、物理的に盗まれる心配はありません。

中でも、ネットから切り離しオフラインで保管する「コールドウォレット」が最も安全だと言われています。

先日、仮想通貨取引所の「コインチェック」が、ハッキングを受けて仮想通貨が盗まれるという事件がありましたが、

そもそも取引所に仮想通貨を置いておくのは危ないとされています。

仮想通貨を手にした場合は、しっかりとウォレットに保管する必要がありそうです。

日本は仮想通貨の導入に積極的?

日本は世界に先んじて仮想通貨の法律を整備したようで、各国からも注目されているようです。

この背景には、「製造業で勝てなくなったため、IT技術を活用し産業を盛り上げよう」という意向があるようです。

「フィンテック」という謳い文句がまさにこれです。

最近になってお堅いイメージのメガバンクも仮想通貨を導入し始める動きが出てきています。

今後ますますブロックチェーン技術を活用したサービスが出てくると思われます。

生活に溶け込むデジタル通貨

仮想通貨と同じデジタル通貨である各ポイント制度の「ポイント」

TUTAYAポイント、楽天ポイント、ヨドバシポイント…

日本では昔からこういったデジタル通貨を日常で使ってきた文化があります。

仮想通貨は今は投資対象と見られ、「ビットコイン長者」なるものが現れたりと、何やら胡散臭いイメージが持たれがちです。

しかし、慣れ親しんだポイントカードと同じように、次第に受け入れられていくのではないでしょうか?

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする