プログラミングの練習環境(テキストエディタ【Atom】)

パイソンのロゴ

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)

テキストエディタとは

テキストファイル(文字情報のみのファイル)を作成・編集・保存できるソフトウェアです。

身近なとこで言うと「メモ帳」などがそれにあたります。プログラミングではここに直接コードを書いていきます。

初めてホームページを作成した時はメモ帳を使用しましたが、使い勝手は微妙でした。

そこで本格的にプログラミングを勉強するにあたり、テキストエディタ「Atom」を使い始めました。

(オンラインコース講師:Jose のススメです)

便利機能満載のテキストエディタ【Atom】について

「Atom」はソフトウェア開発のためのウェブサービス「GitHub」で開発されたテキストエディタです。

無料ながらも効率的に開発するための機能が多く含まれています。

HTMLの基本のコードを自動で生成してくれる

よくお世話になっているのが、予測変換の機能です。例としてHTMLの基本コードの予測変換を紹介します。

これまではHTMLの基本のコードを毎回コピペして入力していましたが、「Atom」を使えば、上図のように「ht」と入力し「Enter」するだけで…

一気にここまで書いてくれます。

あくまで一例ですが、こんな感じでだいぶ労力を削減することができました。

コードの種類を色分けしてくれる

上の画像でも良く分かると思いますが、コードの種類ごとを自動で色分けしてくれています。

カラフルなので見飽きないというのはもちろんのこと、

なにより人のコードをコピペして自分用にカスタマイズする時に、どの部分を変更すればよいのかが一目見て分かります。

さらにミスタイプがあると正しく色がつかないため、修正も行いやすいです。

対応する箇所をハイライト

上の画像の「html」に青の下線が引いてありますが、このように対応箇所をハイライトしてくれます。

このため、コードを書くべき適切な領域が感覚的に分かりやすいです。

まだまだ便利な機能は多くありそうですが、今分かっている範囲ではこんなとこです。

今後使えそうな機能を見つけたら紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする